剥き出しのまま持って行かない

おめでたいご祝儀袋

お店に行くと様々なご祝儀袋が売られているので、どれが良いのかわからなくなるかもしれません。
そこでご祝儀袋の、水引に注目してください。
水引とはご祝儀袋についている飾りのことで、結婚式には結びきりやあわじ結びがふさわしいと言われています。
それらの水引には一度きりという意味があり、今回の結婚が一度きりで、2人の関係がずっと続くよう相手の幸せを願ってください。

さらに表書きに、寿や結婚御祝などの文字が書かれているものがベストです。
もし書かれていない場合は、どちらかの文字を自分で書いてください。
ご祝儀は、全て新札で揃えるのが正しいマナーです。
そのため普段の買い物で新札を受け取った時は、ご祝儀用に保管しておきましょう。

金額に見合った香典袋

包む金額によって、使うべき香典袋が変わります。
3千円から5千円と少ない時は、水引が印刷された簡単な香典袋を使いましょう。
1万円から3万円ほどの時は、水引がきちんとついている香典袋を選びます。
包む金額が3万円以上の場合は、高級な和紙が使われており、銀色の水引がついているものがベストです。

表書きは、四十九日が終わっていない段階なら御霊前と書きます。
四十九日後なら、故人はすでに仏様になっていると考えられるので、表書きに御仏前と書いてください。
しかし故人の宗教が浄土真宗の場合は、亡くなったらすぐ仏様になると考えられるので、どんな場合でも表書きは御仏前になります。
他にも神式のお葬式では御神前や御玉串料、キリスト教は御花料という言葉を使います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る