どのくらい渡せば良いのか

結婚式の場合

相手が結婚する時に渡すお金のことを、ご祝儀と言います。
親戚が結婚する場合は、5万円から10万円を包んでください。
特に兄弟姉妹が結婚する時はかなり関係が近いので、10万円がおすすめです。
友人が結婚する際は、3万円ほどがベストでしょう。
それよりも付き合いがなく、仕事だけの付き合いになる人は1万円以下でも構いません。

ご祝儀の相場を守ることが、正しい結婚式のマナーです。
たくさんご祝儀を渡した方が、相手が喜ぶと思う人が見られます。
しかしご祝儀の金額が高くなると、相手はお返しに高額なものを買わなければいけないので負担が増えてしまいます。
それはお葬式でも同じなので、相場を守ってください。
足りないと思ったら、あとは言葉で気持ちを伝えましょう。

香典を用意しよう

親戚が亡くなった場合は、3万円から5万円を香典として渡します。
親しくしていた友人が亡くなった時は、1万円から3万円が相場です。
近所の人が亡くなった時も呼ばれるかもしれませんが、普段から付き合いがなかったなら3千円から5千円を用意してください。

結婚式は事前に招待状を渡され、この日に開催すると言われます。
しかしお葬式は、急に呼ばれるケースが多いと思ってください。
その時になってから、自分はいくら香典を渡せば良いのかわからないとパニックに陥ってしまいます。
結果的に間違った金額を渡し、失礼な態度を取ってしまうので気を付けてください。
社会人になったらお葬式に呼ばれる頻度が高くなるので、香典について調べておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る